スリムフォー(slimfor)の副作用は?本当に安全?効果なし?

Optimized by JPEGmini 3.13.3.2TB 0x85c266e8

スリムフォー(slimfor)には副作用はないの?

飲むだけで脂肪を減らすのを助けてくれるslimfor(スリムフォー)。そんなに高いダイエット効果があるのに体には害はないのか不安になりますよね。今のところ副作用が出たという口コミは見当たりませんが、ちょっと心配になったので調べてみました。

■スリムフォー(slimfor)公式サイト
http://slimfor.jp

スリムフォー(slimfor)の効果について

副作用を確認する前に、まずスリムフォー(slimfor)のダイエット効果について調べてみました。

スリムフォー(slimfor)のパッケージなどには、「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味の方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪や皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。」という届出表示が記載されています。

葛の花由来のイソフラボンのうち「テクトリゲニン類」という物質は、内臓脂肪や皮下脂肪に作用し脂肪を減少させる効果があることが、近年の研究や検証実験で証明されています。単に統計学的な推測ではなく、しっかりとした研究の結果、テクトリゲニン類の脂肪減少のメカニズムが解明されているのです。

ダイエット効果があると思いこませる「プラシーボ効果」との比較試験も行われます。

人体に無害でダイエットの効果も期待されない偽の食品を摂取した場合とダイエット効果のある本物の食品を摂取した場合の比較データでも、葛の花由来のイソフラボンはダイエット効果の違いを示したと報告されています。

通常のダイエット食品と機能性表示食品との違いは?

一般の、ダイエットを謳っている食品と機能性表示食品の違いは、ダイエットの効果が科学的に証明されている成分を使用しているかどうかにあります。

スリムフォー(slimfor)の商品紹介で使われている「内臓脂肪や皮下脂肪を減らすのを助ける」というフレーズが、単なるキャッチコピーではないことはお分かりいただけたかと思います。

イソフラボンを含む葛の花抽出物の研究は、もちろん毒性が含まれていないかなど副作用の調査も併せて行われます。

消費者庁への資料に記載されている安全性試験の項目は動物試験による「急性毒性及び亜慢性毒性の評価」、「遺伝毒性の評価」、「エストロゲン様作用の評価」、そして「ヒトへの安全性の評価」の4項目です。

まず「急性毒性及び亜慢性毒性の評価」で行われるテストは、単純に葛の花抽出物を摂取した場合に体調不良を起こさないかのテストです。

そして「遺伝毒性の評価」と「エストロゲン様作用の評価」ですが、これは葛の花抽出物を摂取した場合にがんなどの異常を引き起こすリスクがないかを確認するテストです。

いずれの場合にも異常が起こる可能性はないとの報告です。過剰摂取した場合の人体への影響も認められなかったと報告されています。

もっと長期的な影響を調べるための資料として、葛の花が1950年代から香港でハーブティーとして飲用されるようになったこと、葛の花は1000年以上前から漢方薬として利用されてきたことも報告されています。

以上のことから、スリムフォー(slimfor)の原材料のひとつ、葛の花抽出物には副作用を引き起こす問題はないと証明されています。

スリムフォー(slimfor)に含まれている他の材料も食品添加物として使用されているもので大きな問題はありません。しかし、「還元パラチノース」と「ショ糖脂肪酸エステル」は過剰に摂取すると下痢を引き起こす作用がありますので、一日の摂取目安4粒はきちんと守って飲むことをお薦めします。

科学的に安心・安全な食品であることが立証されている、機能性表示食品スリムフォー(slimfor)。ダイエットが成功しないとお悩みの方に、ぜひ一度お試しいただきたいダイエットサプリメントです!

■スリムフォー(slimfor)公式サイト
http://slimfor.jp

スリムフォー(slimfor)期待のダイエットサプリ??ホントの効果と口コミ教えます。
スリムフォー(slimfor)は機能性表示食品で、近年の研究や検証実験で脂肪を減らす効果があ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする